心理カウンセラーとは?- 仕事と資格取得方法

1. 心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーとは、心の問題に悩む人が自ら解決にたどり着けるように援助をする人のことを指します。

心理カウンセラーは、原則として相談者(クライエントと呼ぶ)に問題を直接解決するようなアドバイスや意見を言うことはありません。相談者(クライエント)が自分自身で問題に向き合って答えを導き出せるように、意見は言わずにクライエントの話に耳を傾けながら支援をするのがカウンセラーの仕事です。

皆さんは、心理カウンセラーに対して「心理学をもとにして心の悩みの解決をする人」というイメージがあるのではないでしょうか?

心理学を英語ではサイコロジーと言います。サイコとは心や精神というような意味を指し、ロジーとは法則とか科学などを意味します。つまり「心理学」とは、心の法則、または心の科学という事なのです。

心理カウンセラーはアドバイザーではありません!

カウンセラーという言葉も耳にする機会が多くなり、結婚カウンセラー・就職カウンセラーなど様々な「○○カウンセラー」が出てきていますが、これらの方々は専門知識をもって支援する人を指し、実態としてはアドバイザー(助言者)に近いものになっています。

一方、心理カウンセラーは前述した通り、直接的にアドバイス(意見・助言)は行いませんから、心理療法などで例外があるにしても、そこがアドバイザーと心理カウンセラーの決定的な違いでもあります。

 

 

2. 心理カウンセラーの仕事内容は?

心理カウンセラーの仕事内容は『話を聞いて相談者の支援をすること』となります。

とは言ってもその仕事の内容は想像しにくいかもしれませんので、実際に心理カウンセラーはどの様な仕事をしているのか?最も一般的な『クライエントさん(相談者)と1対1で相談に乗る場合』を簡単に紹介していきます。

心理カウンセラーは、まず相談者(クライエント)の話を聞くことが主体となります。アドバイスや意見は言わずにクライエントの話を聞きながら気付きを導き出すのですから時間もかかります。1回の面談は1時間程度で、複数回の面談を行います。具体的には、話を聞いて適切に共感・要約・質問・確認を行っていきます。

クライエントを理解し、変化や状態を整理しながら解決への糸口を一緒に考えます。

クライエント自身が考えて話し、気持を整理して変化につながるような共感や要約を積み重ねて行きます。状況によって、他の機関や病院で対応した方が良いと判断した場合は医療機関を紹介します

カウンセリングとは適切に共感や質問をして、

  1. クライエント(相談者)の気持を和らげる
  2. クライエント(相談者)から話を引き出す
  3. クライエント(相談者)の気付きに導く

これがカウンセリング技術です。

簡単に言ってしまえば、『自分は語らずに相手の悟りを待つ』のですから心理カウンセラーの仕事は非常に難しいのです。

 

3. 心理カウンセラーは資格が必要なの?

意外に思われるかもしれませんが、心理カウンセラーになるには特別な資格は必要ありません。

心理カウンセラーには医師や弁護士のような国家資格はありません( icon-arrow-circle-o-right 公認心理師が国家資格として発足します)。ですから極論を言えば、誰でも心理カウンセラーという看板を上げることはできるのです。ただし、相談者(クライエント)が来るかどうかは別の話ですが…。

実際、特に資格を持っていなくても心理カウンセラーとして独自に活動している人は沢山います。そういう人達は特定の分野での豊富な経験や知識をもとにして活動している場合が多いです。

心理カウンセラーの国家資格はありませんが認定資格は色々あります。学会・協会・民間団体などが認定する資格です。これらの資格は、簡単に取れるものから大学院修了が必要な難易度の高いものまで本当に色々です。

あなたが行政機関や福祉関係で『心理職』として仕事をしたい場合は、臨床心理士という資格が必要でしょう。

臨床心理士は最も難易度が高いですが、心理カウンセラーの資格の中ではダントツで信頼度が高くどこでも通用する資格です。心理カウンセラーという名称ではありませんが、類似したものとして精神保健福祉士という資格があります。これは国家試験による資格です。

参考記事 icon-arrow-circle-o-right 心理カウンセラーの資格の種類

 

4. 心理カウンセラーの資格取得方法は3通り

心理カウンセラーの資格取得には大きく分けて3種類あります。これから心理カウンセラーを目指そうという方はぜひ知っておいてください。

  • 大学の心理学専攻が条件となる資格
  • 大学の心理学部でなくても心理学関連や専門学校または養成所などを修了するのが条件の資格
  • 一般の誰でも取れる資格

この3種類です。

当然、それぞれの資格を取得するための難易度は変わってきます。

例えば、臨床心理士は大学院修了が条件ですが、その他の心理カウンセラーの資格では、看護師や保健師の資格があると研修を受ければ良いとか、実務経験などが条件となっている資格など色々です。

個々の資格の取り方はリンク先の関連記事で詳しく紹介しますが、ここでは大まかな条件を知っておきましょう。

①大学での心理学専攻が条件となる資格

②大学での心理学専攻が条件ではないが、福祉課程や心理学隣接学部や養成所修了が必要な資格

③誰でも取れる資格

学会・民間団体・NPO法人などが認定する資格となります。本当に多くの団体があり、通学制で講義を受けられる認定団体もありますが、通信教育で自宅で取得するというスタイルが多くなっていますので、社会人から心理カウンセラーの資格を取得したい場合に適していると言えます。

一部、実技・実習があるものなど受講期間も方法も様々ですので、自分に合った資格を探してみると良いでしょう。

いま高校生で、これから大学に進学するという方は①や②の方法があるでしょう。

既に学校を卒業して、仕事や家庭生活をしながら資格をとるという方には、今から大学に入学して資格を取るのはハードルが高いです。ですから、通信教育を活用して資格を取るのが、心理カウンセラーになるための最短方法となります。

心理カウンセラーの知識を持っていると、他の仕事や家庭生活、人間関係に役に立つことも多いです。何より、自分のメンタルケアに役立つでしょう。自分の目的に合わせた方法や資格を探すことが大切です。

 

 

icon-arrow-circle-o-right TOPへ 資格を取得して心理カウンセラーになるには?