社会福祉分野で心理カウンセラーの仕事をしたい人へオススメの資格





福祉分野において、相談業務は福祉サービスの第一歩なので大変重要です。困っている人の状況は個別に違い、必要とする支援もひとりひとり違います。問題を抱えている人は、時に心を閉ざすこともあります。相談者や家族に寄り添い、気持を聴き取る能力が求められます。心理カウンセラーの基本態度と同じです。

福祉の場では相談業務を始めとして、諸制度・関係機関との連携を図りながら問題解決に向けて援助します。心理カウンセラーを目指す方は「困っている人の力になりたい」という思いをお持ちの方が多いでしょう。その思いを形にする場として、福祉分野も選択肢のひとつでしょう。

ここでは、福祉分野で相談業務に携わる資格と活動内容・仕事例・収入などを紹介します。

1. 福祉分野で心理カウンセラーが活動する場

福祉分野では『心理カウンセラー』という言葉はほとんど使わず、相談業務等に当るのは『児童心理司』や『児童福祉士』や『生活相談員』などと呼ばれます。福祉分野で相談業務に携わるのは臨床心理士、社会福祉士や精神保健福祉士などがいます。介護福祉士も生活相談員として相談業務に当たりますが、介護に関る手続き上のことや調整業務などが多いのでここでは除きます。

福祉分野では相談支援業務はつきものですが、生活環境も含めた広い意味での支援になります。福祉分野での支援業務は多岐にわたり、各々の現場で求められる仕事の内容も違います。また資格によっても多少違うでしょう。困っている人を支援するという基本は変わりませんが、支援の対象によって対応の仕方が変わります。

勿論カウンセリング技術も求められますが、福祉分野ではソーシャルワーカー的幅広い業務となります。福祉分野で相談業務に関りたいという人は、どのような選択肢があるのでしょうか?資格別に、主な活動の場と内容を紹介します。

①資格別|心理カウンセラーはどのような社会福祉の分野で働けるの?

福祉分野でも大きく分けると、児童・養護関係/障害者関係/高齢者・介護関係/その他(母子相談・生活保護など)に分けられるでしょう。資格の領域によって活動の場が多少違います。

臨床心理士の福祉分野での活動の場(仕事)

  • 児童相談所
  • 児童福祉施設
  • 養護施設
  • 療育施設
  • 発達障害者施設
  • 自立支援施設
  • 身体障害者施設

…など

精神保健福祉士の福祉分野での活動の場(仕事)

  • 精神障害者福祉施設
  • 就労移行支援施設
  • 地域活動支援センター
  • 養護施設
  • 作業所
  • 高齢者福祉施設
  • 介護施設・デイサービス
  • 福祉相談窓口

…など

社会福祉士の福祉分野での活動の場(仕事)

  • 社会福祉協議会
  • 福祉事務所
  • 児童福祉施設
  • 障害者施設
  • 社会福祉施設
  • 地域包括支援センター
  • 介護・高齢者施設・デイサービス
  • 母子支援施設

…など

 

②心理カウンセラーが社会福祉分野で行う仕事内容とは?

活動の場によって、支援の対象者が違い活動内容も違ってきます。雇用形態によってもさまざまですが、主な活動内容を中心に特徴を比較してみましょう。

臨床心理士のケース

福祉分野では児童相談所や発達障害者・療育問題などに関る場で活動することが多いようです。心理検査や心理カウンセリング、心理療法やワーク指導、保護者・関係者へのコンサルティングなどが主な仕事です。児童相談所で働く臨床心理士は「児童心理司」と呼ばれます。

> 臨床心理士とは?

精神保健福祉士のケース

主に精神障害者を中心とした相談援助や福祉向上を中心としたソーシャルワーカーです。精神障害等を持つ人や家族の相談に応じて、各種機関の手続きや自立・就労などへの援助、各施設での指導や地域との橋渡しをします。

精神保健福祉士とは?

社会福祉士のケース

高齢者・障害者・児童・生活保護などすべての人を対象とした援助や福祉を担います。生活相談にのり、必要な援助計画を立て関係機関との協議や手続きをします。本人含め家族や関係機関との調整などを通じて、適切な福祉の提供の橋渡しをします。社会福祉士は福祉の総合コーディネーターと言えます。

社会福祉士と精神保健福祉士は、共通する部分も多いので両方の資格を持っている方も多いようです。

 

③福祉分野では心理カウンセラーの援助内容が変わります

一般的な心理カウンセラーの役割

心理カウンセラーは、主に心の問題を抱えている人を対象とします。心の問題の背景にはその人が育った背景や病気などがありますが、心の悩みを主訴とする人が相手です。

心理カウンセラーの援助の基本は、相談者とコミュニケーションを図ることによって気持の変化をおこさせ「自らの力で問題解決できるように」導くことです。基本的に意見やアドバイスを言うことはありませんが、必要に応じて他の機関(医療施設など)との連携をします。発達障害等の場合は、心理検査などを用いて適切な心理療法をします。

[clink url=”http://sinri-counselor.com/what-is-psychological-counselor/”]

福祉分野での心理カウンセラーの役割

一方、福祉ではさまざまな問題を抱えている人を対象とします。緊急性の高いケースや長期に渡る援助を必要とする人が多いので、他の関係機関(医療機関など)との協力調整が必須です。

福祉の援助業務では相談者や家族の話を聴いて、問題解決のために必要な助言や具体的な対処法を説明します。

 

2. 福祉分野での相談業務に関る仕事・活動例

心理カウンセラーによる福祉分野の援助では、本人を取り巻く状況も含めて生活全般をサポートすることが多いので、非常に幅広く仕事をおこなう事となります。相談支援はじめ、さまざまな形でその人に合う支援を行います。

ここでは、福祉分野で働く『児童心理司(心理判定員)』と『精神保健福祉士』の活動例を紹介します。

児童養護施設の場合の児童心理司(心理判定員)の仕事内容

臨床心理士の仕事を全般的にみれば教育分野が多いのですが、福祉分野で活動する人もいます。代表例は、児童相談所や児童養護施設…等でしょう。

児童相談所等での心理職(心理カウンセラー)は児童心理司と呼ばれます。

児童相談所等の心理職として正規職員になるためには、地方公務員試験に合格しなければなりませんが、産休代替など非正規の嘱託や非常勤などであればその都度募集があります。

ここでは、児童養護施設の児童心理司(心理判定員)の仕事内容について紹介していきます。

児童心理司の活動例

保護された児童(対象は1歳~18歳未満)の状況調査・心理検査・個人面談・心理療法・グループ療法等を行います。保護者や関係者との面談やコンサルティングも重要な仕事です。入所児童への緊急対応などもあります。児童養護施設等では他に指導員や保育士等の職員がおり、他スタッフへのコンサルティングを行うこともあります。勤務条件等にもよりますが、児童養護施設では夜勤がある場合もあります。

就労支援事業所の場合の精神保健衛生士の仕事内容

精神保健福祉士全体としては、精神病院などの医療分野で仕事をおこなうのが主ですが、福祉分野で働くこともあります。病気や障害者を持つ人は入院治療等の後も、生活や社会に適応するための援助を必要とする人が多くいます。

ここではあるで働く精神保健衛生士の仕事例を紹介しましょう。

精神保健衛生士の活動例

就労移行支援事業所では精神障害や発達障害等を持つ人を対象として、

  • 作業訓練
  • 就労プログラム(作業の振り返り・基本マナー・就労の知識等)
  • 個人面談

などを通じて、就労支援の仕事をしています。家族との面談やコンサルティングも行います。時にはハローワークや実習などに同行することもあります。

また、ここでは就労継続支援事業として、パンの製造・販売を行っており、接客指導や調理補助・清掃など軽作業の指導もします。ミーティングやグループトークなども重要な仕事です。このような活動を通して、社会や生活に必要な知識・コミュニケーション能力や作業能力を習得できるように訓練指導します。

さまざまなプログラムのコーディネートなども大切な仕事です。仕事は多岐に渡りますが、やりがいも大きいようです。福祉分野を目指す方は、現場を見学させてもらうのが良いでしょう。

 

3. 福祉分野で働く場合の心理カウンセラーの収入

福祉分野で働く場合の心理カウンセラーの収入は一体どのくらいなのでしょうか?福祉分野は小規模の所もあるので、医療機関や行政機関などに比べると全体的にやや収入が低いようです。

①児童心理司の収入

臨床心理士は公務員として児童心理司の正規職員になると公務員給与規定によります。しかし公務員の心理職は狭き門なので、正規雇用ではなく、嘱託などが多いようです。

嘱託の場合は、月額18万円~23万円程度のようです。首都圏の子どもと家庭支援ワーカー(嘱託)の場合は、月16日勤務で215,000円という求人例がありました。非常勤だと日給1万円程度が多いようです。

②精神保健福祉士

精神保健福祉士就労状況調査結果によると、全体では正規職員の勤務形態が多く、全体の平均年収は340万円となっています。
精神保健福祉士の具体的な求人例では、

  • 都内の障害者生活支援員:月額17万円~
  • 非常勤のパート:首都圏の介護デイサービスの生活相談員(経験2年~)時給980円~1,150円

などがあります。

実務経験にもよりますが、常勤での収入は月額17万円~30万円程度が多いようです。地域によっても差がありますが、求人数は結構あるようです。

 

4. 福祉分野でカウンセリング業務のある資格の取得について

社会福祉分野でカウンセリング業務のある資格としては、国家資格では社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士などがあります。これまで述べてきたように臨床心理士も児童相談所などの福祉施設で活動していますが、比較的少ないのが現状です。

ここでは、社会福祉士・精神保健福祉士・臨床心理士の資格取得について紹介します。

①社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得について

社会福祉士と精神保健福祉士の資格は、共に公益財団法人社会福祉振興・試験センターが試験・登録事務を行っています。厚生労働大臣の指定を受けた試験・指定登録機関です。精神保健福祉士国家試験の合格率は約60%程度です。社会福祉士試験の合格率は27%前後となっており、出題範囲が大変広く、かなりの勉強が必要となります。

『社会福祉士』と『精神保健福祉士』の資格を取得する為には、試験を受ける以前に、大学卒業などの一定の条件を満たしている必要があります(受験資格が必要)。以下より受験資格を得る為の条件をご紹介します。

社会福祉士と精神保健福祉士の受験資格を得るための条件

受験資格を得るためのルート(方法)は11通りあるのですが、どのルートにも共通している事項として、大学を卒業していることが前提になります。したがって、これから『社会福祉士』と『精神保健福祉士』の資格取得を目指す方は、大学にて指定科目の履修を行う必要が出てきます。

受験資格を得るまでのルートは大まかに下記の通りとなります。

  • 福祉系4年制大学を卒業し、指定科目/基礎科目を履修する
  • 福祉系短大を卒業し、相談援助実務を指定年数経験する
  • 一般大学を卒業し、一般養成施設で1年以上の経験を積む
  • 一般短大を卒業し、相談援助実務を指定年数経験し、一般養成施設で1年以上の経験を積む

最短で『社会福祉士』と『精神保健福祉士』の資格を取得するには、福祉系の4年制大学にて必要科目を選択し、しっかりと単位を取って卒業するルートが最も早いですが、福祉系大学以外の一般大学・短大卒業者でも相談実務経験や養成施設を修了すると受験資格が得られますので、既に一般大学へ通われている方や、卒業して社会人になられている方も諦める必要はありません。

注意点として、社会福祉士と精神保健福祉士の資格取得ルートや履修科目の内容も違います、また、履修科目によって必要な実務年数も変わってきますので、詳しくは下記サイトをご参照ください。

社会福祉士 をご希望の方

精神保健福祉士 をご希望の方

また、それぞれの養成施設は、夜間・昼間・通信によっても受講期間が違います。養成施設は通信制が多いので、仕事をしながら資格を目指すことも可能でしょう。

 

③臨床心理士の資格取得について

臨床心理士の資格試験には受験資格(条件)があります。臨床心理士の資格は、公益財団日本臨床資格認定協会が認定しています。文部科学省の認定機関です。臨床心理士の受験資格は、以下のようにされています。

  1. 指定大学院(1種・2種)を修了し、所定の条件を充足していること
  2. 臨床心理士養成に関する専門職大学院を修了していること
  3. 諸外国で指定大学院と同等以上の教育歴があり、修了後の日本国内における」心理臨床経験が2年以上あること
  4. 医師免許取得者で、心理臨床経験が2年以上あること

心理臨床経験とは ―― 教育相談機関・病院等の医療施設・心理相談機関等で心理臨床に関する従業者(心理相談員、心理カウンセラー等)としての勤務経験を基準としています。有給を原則とするので、ボランティアや研修員等は認められません。

指定大学院に入学するには、4年制大学卒業が条件です。大学の通信教育課程でも可能であり、大学院では放送大学大学院も2種指定校になっています。

臨床心理士の試験内容

一次試験筆記試験

二次試験口述面接試験

一次合格者が二次試験に進むことが出来ます

臨床心理士の試験日程

一次試験10月中旬頃

二次試験11月中旬頃

合格発表12月中旬頃

 

5. まとめ

この記事のまとめ

福祉分野で心理カウンセラーのような相談業務に携わる資格は、臨床心理士・社会福祉士・精神保健福祉士などがあります。

福祉分野での相談業務は支援の第一歩で、本人の生活環境も含めた広い支援が必要とされます。仕事内容は多岐に渡るので、福祉分野では相談業務に特化した仕事は少ないでしょう。

福祉分野では施設の運営母体の規模もさまざまなので、収入にも幅があります。仕事の大変さの割に待遇面が追いついていないという現状もあるようです。しかし、福祉分野で「困っている人の力になりたい」という方には、非常にやりがいのある仕事になるでしょう。