学校や病院で心理カウンセラーとして働くために必要な資格と仕事内容

心理カウンセラーとして、教育現場や医療機関などの組織で働くためには、基本的に”臨床心理士資格”が必要になります。資格取得方法・費用などを紹介すると共に、心理カウンセラー職の仕事先や収入についての実態を紹介します。また心理職として現場でどのような仕事をしているのか代表例もご紹介します。

私は心理カウンセラーとして教育や医療現場に貢献したい!」 ―― こんな熱意を現実のものとするために参考となる情報をまとめていきます。

【1】
学校や病院で『心理カウンセラー』として勤務する場合に必要な資格

全般的に、心理カウンセラーとして仕事をするためにもっとも有利な資格は、国家資格である公認心理師資格となりますが、独自に開業するのであれば、特別に心理職の資格がなくても心理カウンセラーを名乗る事ができます。つまり、誰でもなれるということです。

しかし、学校などの教育機関や病院・自治体などの公的機関で心理カウンセラーとして相談業務をしたい場合は “臨床心理士資格” が必要となります。これらの機関での心理相談業務などの求人は、公認心理師臨床心理士資格を条件とするものがほとんどです。

例えば、学校勤務や病院勤務で求められる資格としては ”精神保健福祉士” や “社会福祉士” などがあり、これらの資格でも相談業務を行うことは可能ですが、カウンセリング業務を中心に考えるのであれば、やはり臨床心理士資格が心理職として最も信頼度が高く、どこでも通用するというのが実態です。

今は弁護士のような国家資格でも、資格を取ったからと言って直ぐに弁護士として活躍できるわけではありません。このような観点では臨床心理士資格も同じですが、教育機関や医療機関などで心理カウンセラーとして働く場合は臨床心理士資格が必須と覚えておいてください。

関連記事

臨床心理士は心理関連資格の中で最も信頼性が高く社会的にも通用する資格です。 臨床心理士の資格を持っていれば様々な機関の心理職への就職が有利になる上に、例えば開業などで専業として心理カウンセラーを仕事にしたいという場合についても、 相[…]

 

【2】
学校で心理カウンセラーとして働くためには?

学校で心理カウンセラーとして働く事例としてスクールカウンセラーがあります。ここでは、スクールカウンセラーを事例にとって、心理カウンセラーとして学校で働くための方法や仕事内容をご説明していきます。

2.1 – スクールカウンセラーとは?

スクールカウンセラーという呼び名は職業名であり、教育機関(小学校・中学校・高等学校・大学校・特別支援学校など)で相談業務を行う心理職専門家の事を指しますので、心理資格の名称ではありません。

2.2 – スクールカウンセラーの仕事

学校で働くスクールカウンセラーの主な仕事内容としては下記となります。

  • 児童・保護者・教師の個人面接相談
  • 教師や学校へのコンサルティング
  • 授業や活動観察
  • 会議への参加・報告

上記の仕事内容に加えて、

  • 必要に応じた家庭訪問
  • 外部機関との連携協議

などもあります。

学校に於ける相談業務としては、①不登校児に関ること や ②発達障害に関ること が多くなっています。

スクールカウンセラーの多くは学校に常駐ではありませんので、日常的に児童に接している担当教員(担任)や養護教員、保護者との連携が欠かせないのが特徴です。

2.3 – スクールカウンセラーになるにはどうしたらいいの?

スクールカウンセラーになるためには、文部科学省が指定する条件を満たす必要があります。(下記参照)

  1. 国が指定する資格を保有する
  2. ①を満たし、都道府県又は指定都市が選考

スクールカウンセラーに認定されるまでの詳細については、文部科学省のスクールカウンセラー等活用事業実施要領を参照して欲しいのですが、具体的に必要となる資格を下記にまとめます。

スクールカウンセラーになるには、上記①~⑤のいずれかを満たす必要があるのですが、上記の条件を見ても、スクールカウンセラーの認定を受けるのは非常にハードルが高い事が分かります。

一般的にスクールカウンセラーを目指すのであれば、公認心理師資格か臨床心理士資格を取得するのが最も手堅い流れと思うのですが、大学での指定科目の履修や指定大学院卒業が条件となっている為、公認心理師資格や臨床心理士資格の取得条件については予め確認しておきましょう。

関連記事

臨床心理士は心理関連資格の中で最も信頼性が高く社会的にも通用する資格です。 臨床心理士の資格を持っていれば様々な機関の心理職への就職が有利になる上に、例えば開業などで専業として心理カウンセラーを仕事にしたいという場合についても、 相[…]

関連記事

心理カウンセラーの国家資格化については、随分以前から検討されてきました。2017年から、「公認心理師法」が施行され、心理職が国家資格となります。これが公認心理師です。   1. 心理職国家資格化の背景 心の問題は、職場や[…]

 

【3】
病院で心理カウンセラーとして働くためには?

病院で心理カウンセラーとして働くためには、公認心理師臨床心理士の資格が必要となってきます。やはり、心理系の就職先でこれらの資格は本当に強いです。

どの様な病院で働けるの?

医療機関で言いますと、心理職(心理カウンセラー)を採用しているのは精神科心療内科が多くなっており、小規模な病院・クリニックでは非常勤がほとんどです。反対に、大きな病院では常勤としての採用傾向が高いですので、しっかりと働きたい場合は総合病院など大きな病院を目標にすると良いでしょう。

心理カウンセラーは病院でどんな仕事をするの?

医療機関での心理カウンセラーの仕事は、

  • 事前面接
  • 心理検査
  • 本人・家族のカウンセリング
  • 報告書・カルテ作成
  • 医師や他部署との会議・打合せ
  • デイケアを併設の場合は施設での指導や心理療法

などが主な仕事内容です。病院の特徴にもよりますが、うつ病関連やアルコール依存症、発達障害などに対応するケースが多くなっています。病院では医師の指示のもとに仕事をすることが多く、医師・看護師・他部署との連携が欠かせません。

 

【5】
この記事のまとめ

この記事のまとめ

結論となりますが、心理カウンセラーとして、学校(教育機関)・病院(医療機関)などの組織で働きたい人は 公認心理師臨床心理士の資格を取得する必要があります。

先述していますが、これらの資格を取得するためには大学以上を卒業し、かつ心理系科目を履修している必要がある為、なかなか社会人から目指すのはハードルが高くなってきます。ですので、これから心理カウンセラーを目指す社会人の方は、まず民間のカウンセラー資格を取得し、様々な方向性を検討する事をおすすめします。

また、学生の方は、公認心理師臨床心理士の資格取得条件をしっかりと把握し、条件を満たすための道を進めるように考える事が大切です。

現在、心理カウンセラーとして活動している方の多くが、心理学への興味や悩む人の力になりたいという気持ちが動機だったと言います。心理カウンセラーは勉強も仕事も大変ですが、続けていく奥深い魅力もあるといえるでしょう。

 

【PR】民間の心理カウンセラー資格を取得してみませんか?

心理学やカウンセリング技法を学ぶことは、自分自身やまわりの人への理解が深まり、 人間関係能力コミュニケーション能力 を向上させることが出来ます。その結果、人間関係を良好に保つことが上手になり、対人関係から生まれるストレスを大きく軽減すること が可能になりますので、人生の幸福度が上がるという大きなメリットがあります。

もちろん、心理カウンセラー資格を取得して 相談業務 などの仕事をしたり、 独立開業 して自分で人の役に立つ仕事をしていくことも可能です。

あなたも心理カウンセラーについて学んでみませんか?

通信講座ですので在宅での学習から資格取得までが可能になります。詳細な資料は無料で請求できますので、あなたの未来のためにぜひチャレンジしてみてください!

心理カウンセラー資格の無料資料請求は コチラ から