あなたは心理カウンセラーになりたい理由をわかっていますか?





最近はメンタルヘルスへの関心の高まりもあって、心理カウンセラーになりたいという方も増えているようですが、心理カウンセラーは安易には目指せるようなものではなく、勉強もさることながら、時間と費用も掛かりますので結構大変です。

なぜ心理カウンセラーを目指すのか?』という部分は、勉強の意欲にも関るのでとても大切です。あなたが目指す理由をもう一度考えて、目的を明確にしてみましょう。

 

1. 心理カウンセラーになりたい!のは…なぜ??

心理カウンセラーを目指す方の多くは、悩んでいる人の力になりたいという気持をお持ちでしょう。心理カウンセラーは人の心の問題を扱う仕事なので勉強も沢山必要です。努力を続けられるかどうかは気持の強さにもよります。

今一度、なぜ?心理カウンセラーを目指すのかを考えてみてください。

✔ よく挙げられる心理カウンセラーになりたい理由

  • 自分が悩んだ経験を、人のために役立てたい
  • 自分や家族のメンタルケアに役立ちそう
  • 心理学、人の心に興味がある
  • カウンセリングの技術を学んで、自分の仕事に役立てたい
  • ンタルヘルスについての知識を持って、人事や職場に役立てたい
  • よく相談されるので、自分に合っていると思う

以上のような理由が多いようです。あなたは、なぜ心理カウンセラーになりたいのですか?

 

2. 心理カウンセラーについて誤解されやすいこと

心理カウンセラーの活動は非常に様々なので、一面だけを見ると誤解される場合もあります。誤解されやすいことを紹介しておきます。

① 心理カウンセラーは「悩んでいる人の悩みを解決してあげる」という誤解

これは大変よくある誤解です。心理カウンセラーはアドバイスや意見は言わず、相談者が自ら解決への気付きが得られるように変化を援助して行く役割です。心理カウンセラーが解決してあげるわけではありません。

相談者の方も、『すぐにでも悩みへのアドバイスがもらえる』と誤解されていることも多いです。意見を言わずに気付きを導くというのはとても大変なことで、カウンセリング技術が重要なのです。

② 心理カウンセラーはカッコよくて楽そう…という誤解

確かにテレビドラマなどではカウンセリングルームで相談者の話を聞いて、相槌を打ったり、あまり大層なことをしていないように見えます。心理カウンセラーはとにかく相談者を理解しないといけないのです。そのためには、個々の相談者の問題に関る知識を充分に持つことが要求されます。

育児をしたことのないカウンセラーに”産後うつ”の相談者が来たら断る事が出来るでしょうか?もちろん、それは出来ませんよね。

相談者の問題は多岐に渡りますから、その都度勉強が必要なので決して楽な仕事ではありません。

③ 心理カウンセラーは儲かるという誤解

世の中には収入の多い心理カウンセラーもいるでしょう。そういう方は、大体独立開業して成功されているカウンセラーです。

参考記事 icon-arrow-circle-o-right 心理カウンセラーとして独立開業するには?

面談カウンセリング料金の相場は1回 数千円から2万円程度なので、単純に見れば儲かりそうに思えるかもしれません。これも相談者が沢山来れば…の話ですが。

行政機関や福祉関係の企業に就職して心理カウンセラーをやっている場合の収入は、常勤(正社員)でも一般のサラリーマンとほとんど変りません。スクールカウンセラーや産業カウンセラーは嘱託契約などが多くなっているため、収入がが不安定で、大体は皆さん掛け持ちしています。

心理カウンセラーを専業として生活できるのは一握りなのです。

 

3. 心理カウンセラーの資格を取る前に考えるべきこと

悩んでいる人の力になりたいという気持は大切です。

心理カウンセラーの大変さを書きましたが、心理カウンセラーの知識や資格を持っていると色々な面で役立ちます。

心理カウンセラーは資格がなくても誰でも名乗れます。一方、心理カウンセラーの資格を取ったからと言って、すぐに活躍の場があるわけではありません。なぜ心理カウンセラーを目指すか?によって、資格を取った方が良い場合と、資格は必要ない場合があります

 

① 自分や家族のメンタルケアに役立てたい

心理学の本を読むなど独学でも良いでしょう。何からやっていいか判らないという場合は、通信教育の資格などを入口にして勉強すると良いでしょう。

 

② 行政機関や教育関係で心理カウンセラーやスクールカウンセラーとしてなどで働きたい

このケースでは臨床心理士の資格が必要になってきます。以下の記事を参照してください。

 

③ メンタルヘルスについての知識を持って、人事や職場に役立てたい

職場でカウンセリングをするのなら産業カウンセラーの資格が必要です。カウンセリングをするのでなければ、必要に合わせた勉強をすると良いでしょう。

 

④ 心理学・人の心に興味がある

心理学の本や、脳科学の本などを幅広く読んで、勉強するとよいでしょう。また、本を購入するよりも費用はかかりますが、民間企業が認定する資格は心理学やカウンセリング理論を体系的に学ぶ事ができます ので、チャレンジすると良いでしょう。

オススメの心理カウンセラー資格はこちら

 

⑤ カウンセリングの技術を学んで自分の仕事に役立てたい

カウンセリングとして行うのであれば、大学の通信教育課程など実技実習のある講座もあります。

そうでなければ、カウンセリングの理論や方法論、事例などの本を読んで知識を得ると良いでしょう。さらに、自分が面談カウンセリングを受けてみるのも勉強になります。

[関連記事] カウンセリング技法は下記の記事が役立ちます

● 受容とは?心理カウンセラーはなぜ自分の意見を言ってはダメなの?
● 傾聴力とは?「聞く」と「聴く」の違いを理解して心理カウンセリングに活そう!
● 共感的理解と客観的理解 – 共感とは?理解とは?

 

⑥ 独立開業したい

実力があれば、特に資格などは必要ありません。ただ資格があると相談者への安心感が違います。既に実績がある場合は、手軽に取れる通信教育などの資格を取っておくと良いでしょう。

関連記事 icon-arrow-circle-o-right 心理カウンセラーとして独立開業するには?

 

⑦看護師や保健師の仕事に役立てたい

看護師や保健師の資格があると、心理相談員の資格が取れます。

 icon-arrow-circle-right  心理相談員とは?

 

4. まとめ

この記事のまとめ

心理カウンセラーを目指す方は、「自分が悩んだ経験を、人のために役立てたい」という方が大変多いです。その気持は色々な方法で役立てることはできるでしょう。

心理カウンセラーの資格を取るには独学でも可能ですが、何から始めて良いか判らない場合は、入門として通信教育などは手頃な方法です。心理カウンセラーがどんなものかが体系的に学べるので足がかりになるでしょう。

 

 icon-arrow-down 心理カウンセラーの民間資格に挑戦してみませんか?icon-arrow-down

 

icon-arrow-circle-o-right TOPへ 資格を取得して心理カウンセラーになるには?