あなたは心理カウンセラーに向いている?向いてない?適正診断

 

「人間、努力すればなんとかなる」と言いたい所ですが、心理カウンセラーには向き・不向きがあるのが現実でしょう。それは、カウンセリング業務の性質による所が大きいです。心理カウンセラーに向いている人、向いていない人についてまとめました。

 

1. 心理カウンセラーの業務は人間性も関る

心理カウンセリングでは、徹底して相談者の話を聞き、理解し、相談者が自ら問題に向き合って考え、気付くのを待ちます。話を聞いて、意見は言わずに、共感や要約をしながら、相談者の気持が変化していくのを援助するのが心理カウンセラーです。

他のビジネスであれば、仕事に必要なスキルを努力によって得ることが出来ます。勿論、カウンセラーのスキルも努力で身につけられる部分は多いです。しかし、人の役に立つことが好きとか、倫理観など人間性に関る部分は、努力で得ることは難しいでしょう。

仕事の向き・不向きは、2~3年やってみないと判らない事が多いのですが、資格を取るのに多大な時間とお金が掛かるとなると、ある程度知っておいた方が良いかもしれません。

 

2. 心理カウンセラーに向いている人、向いていない人

どんな人が、心理カウンセラーに向いている?または向いていないのでしょう?心理カウンセラーに求められることから、あなたの適正をチェックしてみましょう。

チェック①:忍耐強く人の話を聞けるか?

自分の話したい衝動を抑えられる人、と言った方が正しいでしょう。通常の会話で、人の話を聞くのが得意、というのとはちょっと違います(もちろん、その方が良いのですが…)。

相談者の話をひたすら聞くというのは難しいものです。解っていても、真剣に聞いていると思わず言葉を挟みそうになることは、どのカウンセラーさんも覚えがあると思います。そんな時に、グッと言葉を飲み込んで、一歩引いて考えられるか?ということです。

言いたいことが抑えられない人や、せっかちな気質の人は難しいかもしれません。努力や経験でも可能ですが、常に抑制を意識し続けるのは大変なことです。大変さがよく判らないという方は、実際に傾聴ボランティアなどをやってみると良いでしょう。

 

チェック②:精神的に安定していて自己管理能力があるか?

心理カウンセラーを目指す方は、かつて自分が心の問題で悩んだから、その経験を人のために役立てたいという方も多いでしょう。人の力になりたいという方は、共感性が高く繊細な感受性をお持ちの方が多いです。

カウンセリングは心の悩みですから辛い話も多く、相談者が発する感情を受け止めなければなりません。カウンセラーも人の子ですから、感情が乱れることもあります。共感性と同時に、精神的タフさが求められます

良いカウンセリングを行うためには、カウンセラーが精神的に安定していることが必要なのです。精神的安定には体調の安定が前提なので、暴飲暴食をしないとか、気分転換をはかるなどの自己管理能力が問われます。

 

チェック③:勉強が好き、読書が好きか?

心理カウンセラーになるには、多くの勉強が必要です。そもそも勉強や読書が嫌いな方が心理カウンセラーを目指すのは相当難しいと感じます。私達の脳は、義務感で勉強するのと、「知りたい」という意欲を持って勉強するのでは、理解力や能率が全く違うからです。

相談者は個々に背景が違いますから、背景に関わる知識を確認することが必要になります。短期間に何冊もの本を読まなければいけないということも良くあります。読書が嫌いな人はかなり辛いと思います。心理カウンセラーになるには、いずれ心理学の専門書を読まなければならないので、とりあえず心理カウンセリング理論など、一冊でも読んでみると良いでしょう。

➡ 菅野泰蔵著「カウンセリング方法序説」日本評論社

 

チェック④:コミュニケーション能力があるか?

社交的とか、話上手ということではありません。

カウンセリングの場に訪れる相談者の立場は実に色々です。一般に、コミュニケーションが取り易いのは、同質の人や近い環境にある相手です。実際身の周りでも、同年代や同僚間ではよく話すけれど、立場が大きく違う人が相手だと、途端に無口になる人は多いものです。

 

カウンセリングでは、立場の違う相手でも何かしら糸口を探し共有していくようなコミュニケーション能力が求められます。自分がしたいコミュンケーションではなくて、相手の立場に立って話すべき言葉を選ぶ能力が問われます。コミュニッケーションは、言葉によるものばかりでなく態度や表情なども含めて、気持ちのキャッチボールをすることです。根本的に人への関心があり、人が好きな人でなければ、出来ない仕事です。

 

チェック⑤:客観的・論理的に考えられるか?

相談者の話は理路整然としている事は少なく、話が飛んだり、断片的なことも多いです。カウンセラーは相談者の言葉をつなぎ合わせたり、意図を汲んで要約する能力が求められます。それには、客観的に話を聞いて、頭の中で論理的に整理しながら聞くことが必要です。

また相談者や家族に説明する際には、わかりやすく論理的に説明しなければ伝わりません。この能力は、意識して訓練することは可能です。しかし思考は長年のクセがありますから、心理カウンセラーを目指す方は、今から意識されると良いでしょう。

今、心理カウンセラーとして活躍されている方の多くも、出発点は「困っている人の力になりたい」という情熱でしょう。さすがに上記の項目の全てがNoという人は、別の道に進んだ方がいいかもしれません。幾つか当てはまらなくても、何かを成したいという気持は最も大切なものです。

その気持が続くように、計画を立てたり、仲間を探したり、知識を増やして行くのが良いでしょう。

 

 icon-arrow-down 心理カウンセラーの民間資格に挑戦してみませんか?icon-arrow-down

 

icon-arrow-circle-o-right 心理カウンセラーの資格取得 TOPページへ